2017年6月13日 (火)

授業での「生きもの調査」(横浜国立大学教育学部)

sun2017年6月10日(土)、神奈川県平塚市の横浜国立大学教育学部平塚教場において、同大学松葉口玲子教授の授業 として「田んぼの生きもの調査」のお手伝いをさせていただきました。bookこの授業は小学校生活科に関するなかで田植えや稲刈りなども取り入れてを主体にされているものですが、その中に「生きもの調査」という生物多様性を学ぶ機会を入れていただきお手伝いのご縁ができたのは2013年からでした。よって今年で5年目となります。eye今回も同大学に入学してきた1年生50名を対象に田植えがされるのですが、その前の時間を使って「生きもの調査」を行いました。全員がシュガーポットとキンギョ網をもって田んぼとその周辺に散らばり、生きものを採取します。pen捕った生きものはその名前を確認し、特徴を学びます。当方からお話ししたのは、田んぼは稲だけでなく多くの生きものを育んでいる「生物多様性」の宝庫であることです。coldsweats01今回見つけた生きものは、ニホンアマガエル、コシマゲンゴロウ、チビゲンゴロウ、ヒメガムシ、ハシリグモ、カメムシ、などです。またウグイスが美しい声で鳴いていました。eyeglass農業や環境保全は「体験」を通じて学ぶことがとても大切だと考えています。将来を担う大学生たちが、生きものと出会い、また田植えを行うことでその大切さを理解してもらったことと思います。deliciousつぎは秋の稲刈りです.

Img_0132

Img_0138

Img_0143

Img_0144

Img_0145

Img_0162

Img_0177

Img_0188

Img_0192

2017年6月 2日 (金)

JA北越後第2回JA青壮年部・JA女性部田植え体験イベント

lovelysnailrain2017年5月28日日曜日、新潟県新発田市のJA北越後営農センターおよび隣接圃場において、JA主催の「第2回JA青壮年部・JA女性部田植え体験イベント」が開催され、県内の消費者親子約40名が参加しました。sprinkle当日は雨雲が垂れ込めときおりの雨もぱらつくあいにくの天候でしたが、まず全員が田んぼに勢ぞろいし、JA青壮年部の指導により、田植えがされました。typhoonそのあと女性部指導による新潟名物笹団子作りを楽しみ、女性部総出でのトン汁とおにぎり、豚櫛で昼食をとったあと再び田んぼに向かいました。eye農薬の勉強を経て、全農がお手伝いしたのは「田んぼの生きもの調査」です。キンギョ網を手に持ってさきほど植えたばかりの田んぼや周りの畦を歩いてカエルやオタマジャクシほかどんな生きものがいるか興味深々です。scissors親子チカラを合わせて生きものを捕った順番に机の上に用意したプラスチック水槽に入れました。sad今日捕れた生きものは、ミズカマキリ、ニホンアマガエル、ヒメガムシ、ヒメゲンゴロウ幼虫、トンボの幼虫ヤゴなどでした。でも、子どもたちがわいわいと盛りあがっていたのは意外なことに緑色の柔らかな肢体をくねくねさせながら泳ぐ「ヒル」でした。cat動物の血を吸うという怖いものみたさなのか、動くたびにキャーキャー大興奮。次回は稲刈りです。こんどはどんな生きものに出会うでしょうか。きっと子どもたちもさらに成長していることでしょう。

P5280874

 

P5280844

P5280851

P5280856

P5280857

P5280863

P5280871

P5280876

P5280885

P5280887

P5280868

Img_3039

Img_3045

Img_3047

Img_3050

Img_3055

Img_3062

ニッポンおむすび便り田植えツアーinJAやさと

 

sun2017年5月21日(日)、茨城県石岡市柴内の「朝日里山学校」、JAやさとの協力により、東京FM・農協観光主催「ニッポンおむすび便り田植えツアー」が開催されました。typhoonこのツアーは昨年から開始された人気バスツアーで、春の田植えと秋の稲刈りの2回あります。bus今回はその1回目「田植えツアー」でした。案内役は、東京FMの農業応援番組「あぐりずむ」パーソナリテイーの川瀬良子さん。リスナー親子33名と一緒に朝8時上野を出発しました。bud途中川瀬さんから「茨城県の農業」に関するクイズで盛りあがりながら守谷サービスエリア休憩ののち9時半に石岡市の「朝日里山学校」に到着。着替えた後早速「田植え」を敢行。smileかなり広い田んぼのため、昨年は全部は植えられませんでしたが、今回は全部植えることができました。fishそのあと、田んぼの畦や水路を回っての「生きもの調査」を行いました。goodめいめいが、捕ってきた生きものをプラスチック水槽やバットにあけましたが、その多さに一同びっくり。eyeみんなで行うとどの種類の生きものが多いかがひと目でわかります。今日多かった生きものはオタマジャクシ、ニホンアマガエル、トウキョウダルマガエル、ドジョウなど。riceballそのほかにも特大のヤゴはヤンマの仲間でしょうか。次回は9月に稲刈りを行います。きょう植えた苗がどれだけ大きく稲穂として成長しているかは全農のホームページでもチェックできます。

Img_9261Img_9275

Img_9278

Img_9314

Img_9333

Img_9346

Img_9409

Img_9433

Img_9506

Img_9535

Img_9572

Img_9596

Img_9619

Img_9625

Img_9628

Img_9637

Img_9657

Img_9672

Img_9675

Img_9676

Img_9679

Img_9680

Img_9689

2017年4月27日 (木)

2017年度第1回伊勢原米作って食べちゃう会・自然観察会

 

sun2017年4月15日(土)、神奈川県伊勢原市大田ふれあいセンター(神奈川県伊勢原市下谷)にて、生活協同組合ユーコープ主催の「伊勢原米作って食べちゃう会」第1回自然観察会があり、本会もJAいせはらとともに参加しました。この会はすでに10年を超える長寿かつ人気のイベントで、今回も約70名の組合員親子、ご夫婦が参加しました。
sun今回は、みんなで田植えを行う予定の田んぼとその周りを散策し、畦や土手の植物を採取したり、土手の桜並木を歩いて春の一日を楽しむのが目的でした。virgo全農からは田んぼのポケット植物図鑑を貸出し、名前を調べたり、教えてもらったり。遠くには登山者が今日も大勢訪れている大山が綺麗に望め絶好の「散策日和」となりました。nine会場にもどってからは全農が作成した「田んぼのクイズ」で生きものやごはんのことを楽しみながら勉強しました。次回6月は田植えです。今日出会ったアマガエルたちも田んぼに水が入るのを待ってることでしょう。

031

037

042

045

009

015

020

022

003

2016年12月14日 (水)

全農料理教室(特別編)

happy01今年度、はじめての取り組みとして、

社会福祉法人新宿あした会 障害児等タイムケア事業 まいぺーすの生徒さん対象の

「全農料理教室」が12月3日(土)に開催され、5人の子どもたちが料理づくりを楽しみました。

.

restaurantメニューは、

「肉のきのこたっぷり煮」、

「チーズ入りふんわりたまご」、

「ブロッコリーとさつまいものサラダ」、

「いちごとヨーグルトとクリームチーズのトライフル」

.

.

happy02子どもたちはみんなでお米を研ぐことから始めて、自分でたまごを割って炒めたり、

包丁を使ったり、とても真剣に、楽しそうに料理に取り組んでいました。

.

deliciousできあがると、自分で作るととっても美味しいと言って食べていました。

.

taurus食農育クイズも元気いっぱいに参加し、牛乳のおはなしも興味深そうに聞いていました。

.

smile「お家でもお手伝いしているんだよ」 と片付けもきちんとしてくれました。

 .

.

clover全農はこの料理教室で参加者の国産農畜産物への関心を高め、消費の拡大に努めていきます。riceballcherryapple

 

協賛:全農パールライス㈱JA全農青果センター㈱JA全農ミートフーズ㈱

   全農チキンフーズ㈱JA全農たまご㈱雪印メグミルク㈱

.

ご協力:社会福祉法人新宿あした会 障害児等タイムケア事業 まいぺーす

  ribbon 新宿あした会 まいぺーすブログに今回の料理教室の様子が掲載されていますのでご紹介します。

              まいぺーす ブログ

.

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

2016年12月 7日 (水)

全農親子料理教室(第6回)

happy01今年度第6回の「全農親子料理教室」が11月26日(土)に開催され、

30人の親子 が料理づくりを楽しみました。

restaurantメニューは、

「鶏ささみのチーズ入りごま衣焼き」、

「ほうれん草の茶巾たまご」、

「里芋とまいたけの土佐煮」、

「ヨーグルトとクリームチーズのトライフル」

happy02最初は大人しかった子どもたちも、料理をしているうちにとっても元気になり、

周りのお友だちと協力して楽しく料理をしていました。

delicious自分で作ると美味しいと言って、みんな残さずきちんと食べていました。

お米の食べ比べや、牛乳のおはなし、食農育クイズなど、

子供たちはとても勉強になったと喜んでいました。

 

clover全農はこの親子料理教室で参加者の国産農畜産物への関心を高め、消費の拡大に努めていきます。riceballcherryapple

 

協賛:全農パールライス㈱JA全農青果センター㈱JA全農ミートフーズ㈱

   全農チキンフーズ㈱JA全農たまご㈱雪印メグミルク㈱

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

 

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14

Photo_15

Photo_16

Photo_17

Photo_18

Photo_19

Photo_20

Photo_21

2016年11月25日 (金)

全農親子料理教室(第5回)

happy01今年度 第5回の「全農親子料理教室」が11月12日(土)に開催され、

30人の親子が料理づくりを楽しみました。

restaurantメニューは、

「牛肉ときのこのしぐれ煮」、

「ブロッコリーとにんじんのナムル風」、

「チーズ風味のいりたまご」、

「ヨーグルトとクリームチーズのトライフル」

wink最初は大人しかった子どもたちも、料理をしているうちにとっても元気になり、

周りのお友だちと協力して楽しく料理をしていました。

 deliciousしょうがの入ったしぐれ煮も、にんじん、ブロッコリーも、自分で作ると美味しいと言って、

みんな残さずきちんと食べていました。

 

clover全農はこの親子料理教室で参加者の国産農畜産物への関心を高め、消費の拡大に努めていきます。riceballcherryapple

 

協賛:全農パールライス㈱JA全農青果センター㈱JA全農ミートフーズ㈱

   全農チキンフーズ㈱JA全農たまご㈱雪印メグミルク㈱

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14

Photo_15

Photo_16

2016年11月16日 (水)

高校の「環境授業」に参加しました

building2016(平成28)年10月25日、神奈川県立海老名高等学校の「環境授業」に計12 社の一つとして参加し、3時限目および4時限目として2つの授業を行いました。この取組みは、 NACS(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会)さんが実施されている環境に関する 授業の一環で、本会は今年で3回目の参加となりました。book昨年までは各クラス単位でしたが、今 年度はあらかじめ各企業の授業内容にもとづき生徒が希望する企業を選んでの参加です。dash本会は、田んぼ (農)のチカラと題し、田んぼに代表される農業のもつ多面的機能を考え、次に我が国の農業の現 状(残念なことにお米の消費が50年前に約半分になっており、その分耕作面積も減ってしまてい ることなど)を確認し、では未来に向けてどうしたら日本の「農」を維持し発展できるかについ て、班形式で議論し発表してもらいました。eye生徒からは、幼稚園生に食育に取り組む、イ ベントなどのプロモーション、さらには政策的な支援の必要性など様々なアイデア、意見が発表さ れました。eyeglass特に、通称海老高(えびこう)と呼ばれる同校制服のネクタイは金色ですが、これは稲穂色で、同 地に広がる田畑、稲穂をイメージしたものだそうで、4階の窓からはすでに刈り取られた田んぼが広く遠くま で眺められるのでした。schoolpencil

Pa250575_2

Pa250583

Pa250590

Pa250595

Pa250599

2016年10月19日 (水)

JA全農GIRLS’BASKETBALL CAMP IN 大阪

basketball今年度 第4回目のJA全農GIRLS’BASKETBALL CAMPが10月10日(月)体育の日に

大阪府の大阪市立日本橋中学校で開催され、大阪市内の中学生87名が参加しました。

 

pencil講師の阿部菜奈子さん(Office LAC-U)から、自分が思い描くようなプレイヤーになるため、

成長期の食生活や必要な栄養を摂ることが大切であることなど、わかりやすい講義があり、

関大輔さん(日本鋼管病院)から、バスケットボールで発生しやすい怪我の予防法と対処法についての

講義がありました。子どもたちも父兄の皆さんもメモを取りながら熱心に話を聴いていました。

 

happy01バスケットボールクリニックの講師は、

一乗アキさん(元シャンソン化粧品・元日本代表)、

相澤 優子さん(元シャンソン化粧品・元日本代表)、

田邊 奈緒さん(元ジャパンエナジー ・現JX-ENEOS)。

 

basketball元日本代表として活躍した3人の講師からの、パス、ドリブル、シュートなどの基本技術を中心とした

熱心な指導を受け、子どもたちも元気よくプレーしていました。

 

clover全農はこのキャンプを通じて、食の大切さを広めるとともに、子どもたちの夢を応援しています。riceballcherryapple

Img_3035

Hrc_1770

Img_3021

Img_3067

Hrc_1784

Img_3134

Hrc_1841

Img_3211

Hrc_1874

Hrc_1935

Img_3552

Hrc_2270

Hrc_2309

Img_3827

Hrc_2360

Img_4002

Img_4005

2016年10月18日 (火)

伊勢原米作って食べちゃう会(稲刈り)に参加しました

rain2016(平成28)年10月8日土曜日、神奈川県伊勢原市の大田ふれあいセンターにて、生協ユーコープ、全農、れんげの会元気村による伊勢原米作って食べちゃう会の今年度最終回が行われ、生協組合員さんと同スタッフ合わせて50名以上が参加、稲刈りなど楽しみました。sprinkle当日はあいにくの雨でしたが、参加されたご家族のお話しでは、子供たちは稲刈りを心待ちにしていたとのこと、少しの雨なんかものともせず、ほとんどの子供たちが田んぼに入り、実際にカマをもって稲刈りを体験し、収穫の喜びを実感していました。happy01保護者からは普段触れられない自然や生き物、稲の生育~収穫・試食などの貴重な体験を通しての子どもの成長を目の当たりにし驚き感動したとの声が聴かれました。この経験・体験をしっかりと心に刻んでくれたことと思います。

0007

0038

0041

0044

0055

0091