2018年7月 6日 (金)

作って食べちゃう会・田植え篇

 sun2018年6月8日(土)、第2回伊勢原米「作って食べちゃう会」の田植え体験・交流会を、26家族(おとな48名・こども44名)計92名と生産者・事務局15名の総勢107名が参加して、晴天の暑い中広々とした圃場に繰り出して実施しました。 
 sun田んぼを初めて見た子どもも、最初は泥田におびえ足を入れることができませんでしたが、ナマズの歓迎によろこび、すぐに慣れて足に伝わる感触を楽しみながら夢中になって田植えをおこないました。
 sunまた、田植え機による実演にも正確さと速さに驚きと感動をもって見入ってました。
 親子で一緒に体験でき共有できたこと、普段見られない真剣に田植えに取り組む姿を見られたことにとてもよろこび楽しんでいました。
 sun今から、収穫や次の生きもの調査にわくわくしていました。
 

Iseharamai_1

Iseharamai_6

Iseharamai_12

Iseharamai_22

Iseharamai_25

Iseharamai_34

Iseharamai_63

2018年7月 3日 (火)

JA会津よつば青年連盟北地区、加納小学校生きもの調査

sun2018年6月29日(金)、福島県喜sun多方市加納小学校において、JA会津よつば青年連盟北地区と小学校による「田んぼの生きもの調査」および草取りが実施され、同校5-年生が晴天のもと、元気に田んぼに入り生きものを捕まえ、草取りをしました。sun授業として、まず、音楽室にて「田んぼ」「お米」に関する座学で勉強しました。専用圃場では、田植えから草取り、生きもの調査、稲刈り、餅つきまで、田んぼの1年を農業の実体験を通じて学んでいきます。sun「生きもの調査」では、稲の間を一列にすすんで生きものを捕まえました。sun捕れた生きものは、ミジンコ、ヒメアメンボ、赤トンボヤゴ、ウマビル、ミズカマキリ、トウキョウダルマガエルなどでした。sun秋も稲刈りといっしょに生きもの調査を行う予定です。

Img_1085

Img_1088

Img_1091

Img_1093

Img_1095

Img_1096

Img_1106

Img_1108

2018 JA北越後田植えイベントin菅谷

sun2018(平成30)年5月26日(土)、新潟県JA北越後主催の「田植えイベント」が同JA菅谷支店近くの新発田市集会所菅谷コミュニティセンターにて開催され、県内外から消費者親子約70名が参加し、田植え体験および田んぼの生きもの調査などを楽しみました。

sun本会が「生きもの調査」で協力するのは今年で3年目となりますが、毎年参加者には好評で、特に就学時前の小さな子どもたち中心に「田んぼの生きもの」を捕まえて歓声があがっていました。

eyeやり方はまず全員で約1反歩ほどの田んぼの半分に田植えをしました。そのあと、残りの半分は水が張ってあるだけで、その畦際にしゃがんで田面をじっくり眺め目を小さな生きものに慣らしたところで、キンギョ網を使って泥を救います。すると、たくさんのオタマジャクシのほかアメンボやガムシ、ゲンゴロウなどが捕れました。

angryまだ、水を引き入れたばかりの田んぼのため、そう多くに生きものはいませんが、子どもたちにとっては関係なしです。結果として、トウキョウダルマガエル、ニホンアマガエル、ゲンゴロウ幼虫、ガガンボ、アマガエルのオタマジャクシのほか、珍しいところでは、畦際にシュレーゲルアオガエルの卵塊も見つかりました。

smile当日のお楽しみメニューはほかにもトラクター乗車体験、餅つきなどたくさん楽しみました。次は秋の稲刈りです。

Img_0114

Img_0129

Img_0120

Img_0072

P5260054

P5260058

P5260064

P5260071

P5260068

P5260072

P5260075

P5260076

P5260085

P5260099

P5260100

P5260102

P5260105

P5260106

P5260109

2018年5月18日 (金)

2018年度伊勢原米「作って食べちゃう会」 自然観察会

P4141238

cloud2018(平成30)年4月14日(土)、神奈川県伊勢原市の大田ふれあいセンターにおいて、生活協同組合ユーコープさん主催の「作って食べちゃう会」があり、本会も参加しました。virgo

この会は、ほかにれんげの会元気村内藤正行さん、JAいせはらが参加・協力して生協の組合員さん親子に「田んぼ」を年間通じて楽しんでもらう人気の企画です。pisces

今回は今期初開催で、田んぼでの自然観察会で、28家族計100名が参加、スタッフを入れると117名となりました。

cloud候は曇りでしたが、田んぼでは周りに咲く草花を摘み、名前をポケット図鑑で確認したり、ノビルやセリなど今晩のオカズとして収穫する親子の姿もありました。happy01

会場にもどって自己紹介をすませ、全農SR事務局がタペストリーを使った「田んぼクイズ」を出題し、楽しみながら学びました。wink

参加者からは、「子どもは自由に走り回ったり、カエルを探したりして楽しんでいて良かった。」「田んぼの自然が様々に関わり合っていることが良く分かり、興味深かった。」などの声が寄せられました。heart04 

次回(6月)はいよいよ田植えです。知れて)楽しかったし、勉強にもなりました。

P4141243

P4141246

P4141242

P4141256

P4141256_2

P4141265

2018年3月 9日 (金)

❄世界農業遺産認定記念「田んぼの生きもの調査」研修会Ⅳ

snow2018(平成30)年2月17日(土)、宮城県大崎市田尻地区にて大崎市およびNPO法人田んぼ共催の第4回「田んぼの生きもの調査研修会ならびにシンポジウム」が開催され、本会も参加しシンポジウムでは全農の活動を紹介をしました。snowこのイベントは、昨年秋に大崎市やその周辺自治体に広がるいわゆる「大崎耕土」と呼ばれる広大な稲作地帯が、FAO(国連食糧農業機関)の世界農業遺産(GIAHS)として認定されたことを記念して開かれたものです。snow参加者は主催者予想を大きく上回る93名ということで、生きもの調査会場となった同市北小塩公民館およびロマン館も満杯状態で、当日は雪もちらつく零度以下の天候にもかかわらず熱気に包まれました。snow現地研修会では、NPO法人田んぼ岩渕成紀理事長、同研究員舩橋玲二氏指導のもとに、同法人が新たに開発した手法による調査を学びました。また、昼食後は、基調講演として農研機構・農業環境変動研究センターのデイビット・スプレイグ氏による「農村空間に見る生物と文化に多様性」が話されました。snow第2部では、田んぼの生きもの調査を実施している各個人、団体から活動報告がなされ、全農も「環境SR活動としての「田んぼの生きもの調査」」と題して報告しました。地元のJA、生産者、パルシステム生協からも報告および意見表明が多くされ、当地域が世界農業遺産(GIAHS)認定をきっかけに、持続可能な農業の未来をどうすすめていくかについて、行政、関係団体、NPOなどの有志が一つになって行動するための「キックオフ」になりました。

Img_0638

Img_0641

Img_0646

Img_0652

Img_0655

Img_0660

Img_0663

Img_0665

Img_0670

Img_0672

Img_0674

Img_0676

Img_0654

Img_3708

Img_3710

2017年12月27日 (水)

全農みんなの子ども料理教室(第2回)

happy01今年度最後の「全農みんなの子ども料理教室」が12月2日(土)に開催され、

社会福祉法人新宿あした会障害児等タイムケア事業 まいぺーすの5名の子どもたちが

料理づくりを楽しみました。

restaurantメニューは、

「炒りたまごと青菜の混ぜご飯」、

「鶏肉と根菜のカレーポン酢炒め」、

「こふき芋のチーズまぶし焼き」、

「ヨーグルトとマスカルポーネのトライフル」

wink子どもたちはお米を研ぐことから始めて、自分たちで鶏肉の味付けをして炒めたり、

それぞれ自分でたまごを割って炒めたり、包丁を使ってレンコンを切ったり、

とても楽しそうに料理に取り組んでいました。

delicious できあがると、自分で作るととっても美味しいと言って食べていました。

いつも食が細い子どもたちもいっぱい食べていて、引率の先生が驚いていました。

食農育クイズも元気いっぱいに参加し、お米のおはなしも興味深そうに聞いていました。

最後の後片付けもきちんとしてくれました。

 

全農はこの料理教室で参加者の国産農畜産物への関心を高め、消費の拡大に努めていきます。riceballapplecherry

 

協賛:全農パールライス㈱JA全農青果センター㈱JA全農ミートフーズ㈱

   全農チキンフーズ㈱JA全農たまご㈱雪印メグミルク㈱

Img_1761

Img_1766

Img_1788

 

Img_1793

Img_1795

Img_1796_2

2017年11月 2日 (木)

JA全農農業体験ツアーinJA横浜「さとじまん」稲作体験

2017年10月22日日曜日、神奈川県横浜市泉区のJA横浜において㈱農協観光首都圏支店主催の「JA全農農業体験ツアー JA横浜「さとじまん」の稲作体験と安納芋作り体験」が開催され、親子29名が参加しました。この企画は春の田植えと2回同じメンバーが同じ圃場にて稲作体験など行うもので、全農広報部が特別協賛している各ツアーのうち、本年度最後のツアーとなりました。当日は、あいにくの雨でしたが参加者は合羽に長靴をはいて圃場に向い、田主である鈴木農園鈴木さんの指導により、鎌を使っての稲刈りを行いました。刈り取った稲穂は鉄のポールを組み合わせた現代版の「はざがけ」に掛け一連の作業が完了となります。子どもたちはそのあと圃場を自由に歩き、カエルやバッタを捕まえました。田んぼでの行程が終了後は、場所を移動して「安納芋」の芋掘りです。春に黒いマルチに穴をあけながら移植した芋は掘り取ってみると大きく、地中深くまで育っており、大人の力でもなかなか抜くことができないほどでした。一連の農作業が終了し、JA中田支店にて女性部が準備の「さとじまん」塩むすびと具だくさん豚汁で舌鼓をうちました。最後はJA横浜直売所「ハマっ子みなみ店」でお買い物も楽しみ、JAをあとにしました。

Img_3335

Img_3339

Img_3346

Img_3352

Img_3356

Img_3361

Img_3378

Img_3367

Img_3396

Img_3434

Img_3436

Img_3440

Img_3329

Img_3332

高校生と「田んぼのチカラ」を考える(神奈川県立海老名高等学校)

2017年10月3日(火)、神奈川県海老名市にある県立海老名高等学校において、 NACS(日本消費生活アドバイ ザー・コンサルタント・相談員協会)による総合授業が行われ、全農 として参加しました。毎年この時期に実施され るこの企画は、日本を代表するメーカーや小売業または団体などが参 加し、それぞれの特に環境問題への関わり、取 り組みを授業形式で教え、一緒に考えるものです。全農 もこの企画に賛同し毎年参加させてもらっており、今回は 「田んぼのチカラ」と題して水田や農地がもつ多面的機能や、そのなかでも生物多様性に関する大切なチ カラについ て、授業をおこないました。30人×2回の授業には1年生が熱心に聴きいってくれ、さら にグループごとに「田ん ぼのチカラ」にはどんなこのがあるのか発表しあいました。そのあと日本の自 給率が減少していること、その原因がお米を食 べなくなったことなどをデータにもとづき確認し、さて、ではどうし たら様々な働きをしてくれる田んぼや畑を復活することが できるか、について再度話し合い発表しあう という方法ですすめました。環境問題と農業問題は多く重なる部分がお おいことから、これからも関心をもってもらえるその「きっかけ」になれば嬉しいことです。

Pa030883_2

Pa030887_2

Pa030898_2

Pa030906_2

Pa030912_2

Pa030921_2

2017年10月12日 (木)

福島県いわき市での「秋の生きもの調査」

2017年10月8日日曜日、福島県いわき市草野小学校の「学校田」にて、地元子ども会と地元のJA福島さくらいわき地区本部草野地区が共催する「田んぼの生きもの調査」(秋編)が開催され、子供40名、保護者20名ほかが秋晴れの好天のなかで、黄金色に輝く稲穂のなかでの「秋の生きもの調査」を楽しみました。こどもたちは長い虫網をもって田んぼに散り、めいめいが自由に生きものを捕まえました。いまやこういう光景を見るのはこうしたイベントだけになってしまった気がいたします。よって、今回は特に捕獲の時間をたっぷりめにとったことで、思い切り「虫捕り」ができたようです。その結果、トノサマバッタ、クルマバッタモドキ、カマキリ、ショウリョウバッタ、オンブバッタ、コオロギ、イナゴ、ウスイロササキリ、セスジツユムシからトウキョウダルマガエル、ニホンアマガエルまで18種の生きものを捕まえました。名前はたくさんは覚えられないにしても、自分がとった生きものの経験はずっと忘れることはないでしょう。

Pa084987

Pa085031

Pa085072a

Pa085080a

Pa085089

Pa085095t

新潟県、JA北越後親子稲刈りイベントでの「生きもの調査」

2017年10月7日土曜日、新潟県新発田市においてJA北越後主催による「親子稲刈りイベント」が実施され、そのなかの「生きもの調査」を全農としてお手伝いしました。前日までは「雨予報」が出て、稲刈り実施がかなり危ぶまれましたが、当日は少し青空も覗く蒸し暑い天候となり、無事稲刈りも終了しました。それが終わった11時半ころから子どもたちを呼び集めて「秋の生きもの調査」開始宣言しました。就学前の子供たちが多いなか、いま刈ったばかりの田んぼにて生きものを捕まえてきました。稲刈りはほぼ9割以上終了しており、ほかの田んぼにはコンバインのキャタピラーのあとが。回転したそのあとにはわずかな深さに水たまりができており、そこをキンギョ網で掬ってみると、ヒメゲンゴロウが元気に生きていたのです。また、雄雌ペアになった赤トンボがそのわずかな水たまりを目指して飛んできて、そこにちょんちょんと卵を産んでいました。

Img_9910

Img_1526

Img_1533

Img_1547

Img_9884