« 2017年8月 | メイン

2017年9月

2017年9月 6日 (水)

JA夢みなみあぶくま石川地区青年連盟の「田んぼ授業」

2017年8月29日(火)、福島県石川郡のJA夢みなみあぶくま石川地区管内に存する古殿町立古殿小学校にて、秋の生きもの調査授業をJA青年部 が実施、そのお手伝いに伺いました。同校児童5年生55名が田んぼとその周りを虫網やキンギョ網をもって歩き、虫や魚を探しました。当該田んぼはこの春に自分たちで田植えをした田んぼです。稲はとうに出穂し長く伸びていますので、中に入ることはできませんでしたので、畦周りや水路を必死に探しました。また、近くまでときおり飛んでくるトンボを捕虫網を振り回して狙いました。こうして捕まえた生きものは各班ごとに分かれポケット図鑑を使いながら名前を調べては調査シートに書きだしていきました。さて、そうやって見つかった生きものとは?・・トンボではシオカラトンボ、ノシメトンボ、水生昆虫ではコオイムシ、ガムシなど計20種が確認できました。子どもたちは班ごとに図鑑で名前を調べるのですが、さすがは5年生です、すぐに名前を特定し調査シートに書いていきました。そのあとはホールに戻ってタペストリーを使った生きものクイズで田んぼの生きものが一体何種類いるのか、などを知りました。とても環境の良い場所に学校として使える田んぼがありましたので、今度は水生昆虫がたくさんいる春にやってみても面白いでしょう。

Img_0170

Img_0171

Img_0172

Img_0173

Img_0174

Img_0175

Img_0176

Img_0179

Img_0183

Img_0187

Img_0192

Img_0193

Img_0159

Img_0163

Img_0166

Img_0167

Img_0158

~みんなで体験田~田んぼの生きもの調査その2

2017年8月26日、滋賀県竜王町のJAグリーン近江竜王支店にて、生活クラブ京都エル・コープの「田んぼの生きもの調査」(夏につづき今年2回目)がされ同生協の親子5組、生協職員、生産者組織である竜王町稲作経営者研究会田村会長など計20名が参加しました。まず、全員刈り取りが終了した田んぼおよびまだ残っている田んぼに分散しながら捕虫網、シュガーポット、キンギョ網、タモ網など好きなグッズをもってぞんぶんに田んぼを歩きまわり生きものを捕まえました。それを、農協倉庫の日の当たらない場所に集め(当日はとても暑いので日陰で行いました)その捕れた生きものを水槽やバットなどに種類別にわけていれます。そのあと、講師も交えて図鑑を参考にしながらホワイトボードに書きだしていきました。今日捕れたもの見た生きものを列挙してみましょう。ヒメゲンゴロウ、ウスバキトンボ、シオカラトンボ、ショウリョウバッタ、メダカ、ハグロトンボなど合計31種でした。生きものをチェックしたあとは全農によるミニクイズ大会を行いました。こんどは稲刈りに来られるそうです。

Img_3981

Img_1027

Img_1028

Img_1031

Img_1035

Img_1038

Img_1039

Img_1044

Img_1047

Img_1050

Img_1052

Img_1063

Img_1064

 

JA福島さくら農青連谷田川支部主催「生きもの調査」

2017年8月20日日曜日、JA福島さくら農青連谷田川支部主催の「田んぼの生きもの調査」が、郡山市立谷田川小学校学校田および谷田川公民館分館で開催され、SRグループもお手伝いに伺いました。早速、子どもたちと田んぼに入るところですが、いまの時期はもう稲穂も出そろい、茎も葉も高く長く伸びています。よって田んぼの畦から掬い上げる形としました。また、田んぼの中だけでなくその周辺も歩いてここでは通常の長い捕虫網を使って飛ぶ生きものを狙いました。よって、水生昆虫ではコオイムシやタニシなどごくわずかな種類だけでしたが、その代わり畦や草むらにはオカモノアラガイ、イナゴ、クサキリ、ナガコガネグモなどたくさん捕まえることとなりました。それだけだはありません、カナへビを2匹、また今の時期とおうことでアブラゼミ、ミンミンゼミもゲット。アキアカネ、シオカラトンボなども加えると合計30種を確認しました。公民館に戻って地元コシヒカリで握ったおにぎりとけんちん汁、さらには特産のキューリの一夜漬は火照った体には最高の味でした。そのあとは座学の時間とし、田んぼの生きものを中心としたクイズで楽しみつつ勉強しました。今日見つけた生きものの名前は講師がホワイトボードに書きつけ、それを子どもたちもきちんと写しとって自らも名前を確認していました。

Img_0032

Img_0035

Img_0037

 

Img_0042

Img_0044

Img_0045

Img_0046

Img_0047

Img_0048

Img_0050

Img_0051

Img_0052

Img_0054

Img_0055

Img_0056

Img_0057

Img_0058

Img_0059

Img_0060

Img_0061

Img_0062

 

 

 

Img_0067

Img_0070

 

 

Img_0072

Img_0063

JA山口宇部特別企画「夏休みこども村体験ツアー」

2017年8月11日(金)「山の日」の祝日、山口県JA山口宇部吉部支店にて、JA山口宇部特別企画「夏休みこども村体験ツアー」が前日を含めた2日間開催され、その二日目に「田んぼの生きもの調査」を実施しました。山口県本部およびSRグループがそのお手伝いをしてきましたのでレポートします。参加者は宇部市内の小学生高学年25名で、それを若手JA職員が農業体験として教えるというプログラムになっています。田んぼの生きもの調査は初めての試みです。真夏の日中で天候も良く、かなりの暑さであしたが、子どもたちは野菜の収穫を終えたあと田んぼに元気よく集合しました。例によりキンギョ網、シュガーポット、虫網をもって田んぼに裸足で入りました。ただし、この時期になるともう稲のとっくに出穂し葉もかなり長く伸びているため、水面を良く見ることができません。それでも約半分の児童はずんずん田んぼの中を入っていきましたが、残り半分はそれをあきらめ、畦の周辺および水路での調査に切り替えました。結果として水生昆虫は水路のほうに多く見つかり、その他は稲穂やその上を飛ぶバッタ類やトンボなどを捕獲することとなりました。水生昆虫ではコシマゲンゴロウやコオイムシなど、バッタ類ではイナゴ、ショウリョウバッタ、またトンボではウスバキトンボがかなり飛んでいた他、近くに流れる川にハグロトンボが黒く美しい羽をひらひらさせ、「捕りたい」と子どもたち。川にはすぐ降りられる場所ではなかったため観察だけにとどめました。お昼には美味しいうどんとおにぎりをしっかり食べて、その間県本部による「田んぼのクイズ」で盛りあがりました。みなさんたいへんお疲れさまでした。

Img_5559

Img_5566

Imgp0431

Imgp0432

Imgp0434

Imgp0435

 

 

Imgp0438

 

Imgp0462

Imgp0464

Imgp0466

Imgp0467

 

Imgp0469