« ~みんなで体験田~田んぼの生きもの調査その2 | メイン

2017年9月 6日 (水)

JA夢みなみあぶくま石川地区青年連盟の「田んぼ授業」

2017年8月29日(火)、福島県石川郡のJA夢みなみあぶくま石川地区管内に存する古殿町立古殿小学校にて、秋の生きもの調査授業をJA青年部 が実施、そのお手伝いに伺いました。同校児童5年生55名が田んぼとその周りを虫網やキンギョ網をもって歩き、虫や魚を探しました。当該田んぼはこの春に自分たちで田植えをした田んぼです。稲はとうに出穂し長く伸びていますので、中に入ることはできませんでしたので、畦周りや水路を必死に探しました。また、近くまでときおり飛んでくるトンボを捕虫網を振り回して狙いました。こうして捕まえた生きものは各班ごとに分かれポケット図鑑を使いながら名前を調べては調査シートに書きだしていきました。さて、そうやって見つかった生きものとは?・・トンボではシオカラトンボ、ノシメトンボ、水生昆虫ではコオイムシ、ガムシなど計20種が確認できました。子どもたちは班ごとに図鑑で名前を調べるのですが、さすがは5年生です、すぐに名前を特定し調査シートに書いていきました。そのあとはホールに戻ってタペストリーを使った生きものクイズで田んぼの生きものが一体何種類いるのか、などを知りました。とても環境の良い場所に学校として使える田んぼがありましたので、今度は水生昆虫がたくさんいる春にやってみても面白いでしょう。

Img_0170

Img_0171

Img_0172

Img_0173

Img_0174

Img_0175

Img_0176

Img_0179

Img_0183

Img_0187

Img_0192

Img_0193

Img_0159

Img_0163

Img_0166

Img_0167

Img_0158