« 2018年5月 | メイン | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月 6日 (金)

作って食べちゃう会・田植え篇

 sun2018年6月8日(土)、第2回伊勢原米「作って食べちゃう会」の田植え体験・交流会を、26家族(おとな48名・こども44名)計92名と生産者・事務局15名の総勢107名が参加して、晴天の暑い中広々とした圃場に繰り出して実施しました。 
 sun田んぼを初めて見た子どもも、最初は泥田におびえ足を入れることができませんでしたが、ナマズの歓迎によろこび、すぐに慣れて足に伝わる感触を楽しみながら夢中になって田植えをおこないました。
 sunまた、田植え機による実演にも正確さと速さに驚きと感動をもって見入ってました。
 親子で一緒に体験でき共有できたこと、普段見られない真剣に田植えに取り組む姿を見られたことにとてもよろこび楽しんでいました。
 sun今から、収穫や次の生きもの調査にわくわくしていました。
 

Iseharamai_1

Iseharamai_6

Iseharamai_12

Iseharamai_22

Iseharamai_25

Iseharamai_34

Iseharamai_63

2018年7月 3日 (火)

JA会津よつば青年連盟北地区、加納小学校生きもの調査

sun2018年6月29日(金)、福島県喜sun多方市加納小学校において、JA会津よつば青年連盟北地区と小学校による「田んぼの生きもの調査」および草取りが実施され、同校5-年生が晴天のもと、元気に田んぼに入り生きものを捕まえ、草取りをしました。sun授業として、まず、音楽室にて「田んぼ」「お米」に関する座学で勉強しました。専用圃場では、田植えから草取り、生きもの調査、稲刈り、餅つきまで、田んぼの1年を農業の実体験を通じて学んでいきます。sun「生きもの調査」では、稲の間を一列にすすんで生きものを捕まえました。sun捕れた生きものは、ミジンコ、ヒメアメンボ、赤トンボヤゴ、ウマビル、ミズカマキリ、トウキョウダルマガエルなどでした。sun秋も稲刈りといっしょに生きもの調査を行う予定です。

Img_1085

Img_1088

Img_1091

Img_1093

Img_1095

Img_1096

Img_1106

Img_1108

2018 JA北越後田植えイベントin菅谷

sun2018(平成30)年5月26日(土)、新潟県JA北越後主催の「田植えイベント」が同JA菅谷支店近くの新発田市集会所菅谷コミュニティセンターにて開催され、県内外から消費者親子約70名が参加し、田植え体験および田んぼの生きもの調査などを楽しみました。

sun本会が「生きもの調査」で協力するのは今年で3年目となりますが、毎年参加者には好評で、特に就学時前の小さな子どもたち中心に「田んぼの生きもの」を捕まえて歓声があがっていました。

eyeやり方はまず全員で約1反歩ほどの田んぼの半分に田植えをしました。そのあと、残りの半分は水が張ってあるだけで、その畦際にしゃがんで田面をじっくり眺め目を小さな生きものに慣らしたところで、キンギョ網を使って泥を救います。すると、たくさんのオタマジャクシのほかアメンボやガムシ、ゲンゴロウなどが捕れました。

angryまだ、水を引き入れたばかりの田んぼのため、そう多くに生きものはいませんが、子どもたちにとっては関係なしです。結果として、トウキョウダルマガエル、ニホンアマガエル、ゲンゴロウ幼虫、ガガンボ、アマガエルのオタマジャクシのほか、珍しいところでは、畦際にシュレーゲルアオガエルの卵塊も見つかりました。

smile当日のお楽しみメニューはほかにもトラクター乗車体験、餅つきなどたくさん楽しみました。次は秋の稲刈りです。

Img_0114

Img_0129

Img_0120

Img_0072

P5260054

P5260058

P5260064

P5260071

P5260068

P5260072

P5260075

P5260076

P5260085

P5260099

P5260100

P5260102

P5260105

P5260106

P5260109