2016年10月 4日 (火)

「JA全農WCBF少年野球教室」(名張教室)

Photo_2平成28年度1回目(本年度初開催)の「JA全農WCBF少年野球教室」が5月14日、

三重県名張市の名張市民野球場(メイハンスタジアム)で開催されました。

名張市内の小学生、指導者、保護者ら7チーム合計187人が参加。

開校式ではWCBFの王貞治理事長、全農より吉永代表理事専務、鈴木英敬県知事らが参加者を激励し教室がスタート。

講師は、王理事長のほかに屋鋪要氏(巨人OB)、西崎幸広氏(日本ハムOB)、里崎智也(ロッテOB)、

関本賢太郎(阪神OB)らが務め、子どもたちに走塁や送球、打撃の基礎を分かりやすく指導しました。

また、保護者を対象に子どもたちの食事について、栄養学教室を開催したほか、

チームの指導者を対象にした指導者講習会も開催し、ケガを予防するトレーニング方法や

ストレッチについて実技指導を行いました。

バッティング指導では、王理事長が「ボールをよく見て打つこと。軸をぶらさず体や足を使って打つこと」

の2点をポイントに自ら指導し、指導を受けた生徒をはじめ指導者も目を輝かせていました。

また、里崎講師、関本講師が自ら実際に打撃を行い、柵越えを放つなどプロ野球選手の凄さに

参加者から歓声が沸いていました。

 全農は本教室を通じて健康で元気な野球少年を育て、子どもたちの夢や成長を応援していきます。

Img_4502

Img_4598

Img_4609

Img_2614

Img_4675

Img_2651

Img_4650

Img_2411

Img_2474

Img_2150

Img_4433

Img_2663

2016年3月22日 (火)

JA全農WCBF少年野球教室 in 佐賀

Photo

 

今年度最後となる平成27年度6回目の「JA全農WCBF少年野球教室」が11月14日、佐賀市の佐賀市立野球場(佐賀ブルースタジアム)で開催されました。佐賀市内の小学生、指導者、保護者ら22チーム合計302人が参加。開校式ではWCBFの王貞治理事長、JAさがの金原壽秀組合長、佐賀市の御厨安守副市長らが参加者を激励しました。

 講師は、王理事長のほか、市川和正氏(横浜OB)、西崎幸広氏(日本ハムOB)、今岡誠氏(阪神OB)、柴原洋氏(ソフトバンクOB)らが務め、生徒に走塁や送球、打撃の基礎を分かりやすく指導しました。保護者を対象に子どもたちの食事について、栄養学教室を開催したほか、チームの指導者を対象にした指導者講習会も開催し、ケガを予防するトレーニング方法やストレッチについて実技指導を行いました。
 バッティングは王理事長が直接指導。「ボールをよく見て打つこと。鋭いスイングをするために練習をし、バットのスイング音を意識すること」と話し、指導を受けた生徒をはじめ指導者も目を輝かせていました。また、今岡氏、柴原氏が実際に打撃を行い、生徒から「打球がすごい」と歓声が
上がりました。
 また、「佐賀牛」と「さがびより」を使った牛丼や切り餅、ミカンの佐賀県産品が参加者へ振る舞われました。野球教室終了後にJAさが直営する「さが風土館 季楽 直販本店」を訪問し、講師は佐賀の特産品、ブランド品の説明を熱心に聞き入っていました。
 全農は教室を通じて健康で元気な野球少年を育て、子どもたちの夢や成長を応援していきます。

Img_0254_2

Img_0355_2

Img_0430_2

Img_0532_2

Img_0625

Img_0749_2

Img_0806

Img_0834_2

Img_0901_2

Img_0403_3

Photo_6

 

Img_0723_4

Img_0955_3

2015年11月17日 (火)

JA全農WCBF少年野球教室(佐野教室)

Photo

 平成27年度5回目の開催となった「JA全農WCBF少年野球教室」が、10月17日栃木県佐野市の千葉県松戸市の松戸市野球場で開催されました。(通算114回目)

 松戸市内の小学生、指導者、保護者ら合計323人が参加。開校式では千葉県本部の永嶌修司副本部長、松戸市の織原和雄副市長らが参加者を激励し教室がスタート。

 講師は、屋鋪要氏(巨人OB)、西崎幸広氏(日本ハムOB)、今岡誠(阪神OB)、里崎智也(ロッテOB)らが務め、子どもたちに「投げる」「捕る」「打つ」「走る」の基本を分かりやすく指導しました。また、保護者を対象に子どもたちの食事について、栄養学教室を開催したほか、チームの指導者を対象にした指導者講習会も開催し、ケガを予防するトレーニング方法やストレッチについて実技指導を行いました。

 午後からのバッティング指導では、今岡講師自らが実際に打撃を行い、参加選手らから「打球がすごい!」との声が上がり、強い打球を打つためには股関節をうまく使うことを指導していました。参加した子どもからは「元プロ野球選手に教えて貰えてよかった。とても楽しかった。」と感想を述べていました。

 全農は本教室を通じて健康で元気な野球少年を育て、子どもたちの夢や成長を応援していきます。

(特別協賛)

JA全農:http://www.zennoh.or.jp/

(協賛)

全国農協食品株式会社:http://www.zfc.co.jp/

全農パールライス株式会社:http://www.zpr.co.jp/

JA全農青果センター株式会社:http://z-center.co.jp/

JA全農たまご株式会社:http://www.jz-tamago.co.jp/

JA全農ミートフーズ株式会社:http://www.jazmf.co.jp/

全農チキンフーズ株式会社:http://www.ja-zcf.co.jp/

雪印メグミルク株式会社:http://www.meg-snow.com/

Img_8268

Img_8299

Img_8391

Img_8491

 

 



Img_8402

Img_8432

Img_8424

 

 

Img_8442

Img_8518

Img_8527

Img_8511

Img_8384

Img_8406

Img_8522

2015年10月20日 (火)

JA全農WCBF少年野球教室(佐野教室)

Photo

 平成27年度4回目の開催となった「JA全農WCBF少年野球教室」が、10月3日栃木県佐野市の佐野市運動公園野球場で開催されました(通算113回目)。

 佐野市のリトルリーグ5チーム、中学校野球部6校、指導者、保護者ら合計192名が参加。開校式ではWCBFを代表し市川講師、栃木県本部の髙橋運営員会会長、佐野市の岡部市長の挨拶で教室がスタートしました。

 講師は、荒木大輔氏(ヤクルトOB)、市川和正氏(横浜OB)、屋鋪要氏(巨人OB)、今岡誠氏(阪神OB)らが務め、子どもたちに「投げる」「捕る」「打つ」「走る」の基本を分かりやすく指導しました。打撃練習では、今岡講師が打撃のポイントを分かりやすく伝え、高め・真ん中・低めのボールを打つ際の手首の位置など、子供たちだけでなく指導者にも指導していました。

 また、保護者を対象にスポーツをしている子どもたちのための食事について、栄養学教室を開催したほか、チームの指導者を対象にした指導者講習会も開催し、ケガを予防するトレーニング方法やストレッチについて講義を行いました。

 全農は本教室を通じて健康で元気な野球少年を育て、子どもたちの夢や成長を応援していきます。

(特別協賛)

JA全農:http://www.zennoh.or.jp/

(協賛)

全国農協食品株式会社:http://www.zfc.co.jp/

全農パールライス株式会社:http://www.zpr.co.jp/

JA全農青果センター株式会社:http://z-center.co.jp/

JA全農たまご株式会社:http://www.jz-tamago.co.jp/

JA全農ミートフーズ株式会社:http://www.jazmf.co.jp/

全農チキンフーズ株式会社:http://www.ja-zcf.co.jp/

雪印メグミルク株式会社:http://www.meg-snow.com/

Img_5022Img_5034

Img_5050

Img_5067

Img_5083

Img_5101

Img_5123

Img_5153

Img_5190

Img_5197

Img_5170

Img_5221

Img_5040

Img_5048

Img_5037

Img_5185

2015年7月20日 (月)

JA全農WCBF少年野球教室(大津教室)

 

Photo 平成27年度3回目の開催となった「JA全農WCBF少年野球教室」が、6月27日滋賀県大津市の皇子山球場で開催されました(通算112回目)。

 大津市のリトルリーグ25チーム、指導者、保護者ら合計351名が参加。開校式ではWCBFを代表し西崎講師、滋賀県本部の西谷県本部長、大津市の越直美市長の挨拶で教室が始まった。

 講師は、西崎幸広氏(日本ハムOB)、矢野燿大氏(阪神OB)、山﨑武司氏(中日OB)、宮本慎也氏(ヤクルトOB)らが務め、子どもたちに「投げる」「捕る」「打つ」「走る」の基本を分かりやすく指導しました。打撃練習では、山﨑講師が打撃のポイントを分かりやすく伝え、矢野講師からは“失敗を恐れないこと、失敗したらもっと練習しよう”と子供たちに檄を飛ばしました。

 また、保護者を対象に子どもたちの食事について、栄養学教室を開催したほか、チームの指導者を対象にした指導者講習会も開催し、ケガを予防するトレーニング方法やストレッチについて講義を行いました。

 全農は、本教室を通じて健康で元気な野球少年を育て、子どもたちの夢や成長を応援していきます。

(特別協賛)

JA全農:http://www.zennoh.or.jp/

(協賛)

全国農協食品株式会社:http://www.zfc.co.jp/

全農パールライス株式会社:http://www.zpr.co.jp/

JA全農青果センター株式会社:http://z-center.co.jp/

JA全農たまご株式会社:http://www.jz-tamago.co.jp/

JA全農ミートフーズ株式会社:http://www.jazmf.co.jp/

全農チキンフーズ株式会社:http://www.ja-zcf.co.jp/

雪印メグミルク株式会社:http://www.meg-snow.com/

Img_2776Img_2792Img_2797Img_2831Img_2791Img_2841Img_2860Img_2863Img_2890Img_2885_2Img_2872Img_2901Img_2850Img_2961Img_2918_2Img_2944Img_2927Img_2920Img_2938Img_2979

2015年7月 6日 (月)

JA全農WCBF少年野球教室(滝沢教室)

Photo

平成27年度2回目の開催となった「JA全農WCBF少年野球教室」が、5月16日岩手県滝沢市の滝沢総合公園野球場で開催されました(通算111回目)。

滝沢市と近隣のリトルリーグ9チーム、指導者、保護者ら合計166名が参加。開校式ではWCBFを代表し市川講師、岩手県本部の田沼運営委員会会長、滝沢市の柳村典秀市長の挨拶で教室はスタート。

講師は、市川和正氏(横浜OB)、屋鋪要氏(巨人OB)、駒田徳広氏(横浜OB)、西崎幸広氏(日本ハムOB)らが務め、子どもたちに「投げる」「捕る」「打つ」「走る」の基本を分かりやすく指導しました。走塁練習では屋敷講師から一塁ベースまでの走り方や進塁方法、ヘッドスライディングは危険で駆け抜けたほうが早いからやめた方が良いなどの詳しい解説に子供だけでなく、指導者も聞き入っていました。

また、保護者を対象に子どもたちの食事について、栄養学教室を開催したほか、チームの指導者を対象にした指導者講習会も開催し、ケガを予防するトレーニング方法やストレッチについて講義を行いました。

全農は本教室を通じて健康で元気な野球少年を育て、子どもたちの夢や成長を応援していきます。

(特別協賛)

JA全農:http://www.zennoh.or.jp/

(協賛)

全国農協食品株式会社:http://www.zfc.co.jp/

全農パールライス株式会社:http://www.zpr.co.jp/

JA全農青果センター株式会社:http://z-center.co.jp/

JA全農たまご株式会社:http://www.jz-tamago.co.jp/

JA全農ミートフーズ株式会社:http://www.jazmf.co.jp/

全農チキンフーズ株式会社:http://www.ja-zcf.co.jp/

雪印メグミルク株式会社:http://www.meg-snow.com/

Img_2377Img_2485

Img_2493

 

Img_2551

Img_2524


Img_2508

Img_2539

Img_2595

Img_2575

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_2632

Img_2642

 

 

 

 

 

Img_2669


Img_2726

 

 

 

 

 

 

Img_2746

 

2015年5月11日 (月)

JA全農WCBF少年野球教室(松本教室)

Photo

 全農が特別協賛、全農グループ7社が協賛する「JA全農WCBF少年野球教室」が4月18日、長野県松本市の松本市野球場で開催されました。今年で23年目を迎えた本教室は元プロ野球選手が講師を務め、毎年全国6カ所で開催されています。

今年度初の開催となった松本教室(通算110回目)には、松本市内のリトルリーグ8チーム、小・中学生、指導者、保護者ら合計209人が参加。開校式では王貞治WCBF理事長、長野県本部の髙木幸一郎本部長、松本市の菅谷昭市長が参加者を激励し教室がスタートしました。

講師は、市川和正氏(横浜OB)、屋鋪要氏(巨人OB)、西崎幸広氏(日本ハムOB)、宮本慎也氏(ヤクルトOB)らが務め、子どもたちに「投げる」「捕る」「打つ」「走る」の基本を分かりやすく指導しました。また、保護者を対象に子どもたちの食事について、栄養学教室を開催したほか、チームの指導者を対象にした指導者講習会も開催し、ケガを予防するトレーニング方法やストレッチについて講義を行いました。

バッティングは王理事長が自ら指導しました。王理事長は「鋭いスイングができように意識して練習すること」、「打撃タイミングを覚えること」、「ボールを長く見るために顔の前で打つぐらいの意識が大切」の3点をアドバイスしました。

全農は本教室を通じて健康で元気な野球少年を育て、子どもたちの夢や成長を応援していきます。

(特別協賛)

JA全農:http://www.zennoh.or.jp/

(協賛)

全国農協食品株式会社:http://www.zfc.co.jp/

全農パールライス株式会社:http://www.zpr.co.jp/

JA全農青果センター株式会社:http://z-center.co.jp/

JA全農たまご株式会社:http://www.jz-tamago.co.jp/

JA全農ミートフーズ株式会社:http://www.jazmf.co.jp/

全農チキンフーズ株式会社:http://www.ja-zcf.co.jp/

雪印メグミルク株式会社:http://www.meg-snow.com/

5_2

9_2

12

13

 

2

2_2

2_3

2_4

1

3

Img_1280

4

1_3

2_5

2_6

1_4

5_3

2_7

2014年12月 1日 (月)

JA全農WCBF少年野球教室(富岡教室)

 

Photo

 

 

 

全農は11月8日、群馬県富岡市sunで今年度6回目の「JA全農WCBF少年野球教室」を開催し、選手、指導者、保護者ら256任が参加しました。baseball

野球教室は、元プロ野球からは直接教えてもらえるとあって、野球少年たちは、はりきってプレーしていました。sign01生徒からは「どうやったらプロ野球選手になれますか」という率直な質問がとび出て、「ご飯をいっぱい食べて体を大きくすることが一番の近道」と宮本講師が答えました。riceball

また、JA全農WCBF少年野球教室では、保護者や指導者を対象とした栄養学教室とケガ防止のための指導者講習会も開催しています。pencil

これからも全農は、本教室を通じて健康で元気な野球少年を市建て、子供たちの夢を応援していきます。

 

Img_6556Img_6483

Img_6523

Img_6571

Img_6617_2

Img_6842

Img_6861

Img_6818

Img_6876

Img_6416

Img_6403

Img_6461

Img_6706

Img_7043

 

 

 

2014年10月27日 (月)

JA全農WCBF少年野球教室(高知教室)

Photo10月18日sun、平成26年度5回目の少年野球教室baseballを高知県の高知市総合運動公園野球場で開催しました。晴れ渡った秋空の下、高知県本部土居正明本部長の挨拶で教室はスタート。小学生やその指導者など202名が参加し、プロ野球の世界で活躍してきた名選手たちが、バッティング、ピッチング、守備、走塁などのテーマ別に指導しました。また、プレーをするための体づくりとして保護者向けに栄養学教室を開催、指導者向けに選手のケガを予防するトレーニング講義を行いましたimpactsmile

本教室終了後には、講師の皆さんで高知県本部直営店の『とさのさと』を視察しeye、市川和正講師は「新鮮な産物を提供する『とさのさと』は活気もあり、安全安心なJAの産物が購入できることは凄くうらやましい限りです。これからも地域の方々に愛される店舗運営欲しい。」と激励しましたhappy01rock

これからもJA全農は、本教室を通じて健康で元気な野球少年を育て、子供たちの夢や成長を応援していきます。scissors

1018_9_2

1018_20

1018_29_2

1018_57_2

1018_69_2

1018_143_2

1018_189

1018_220_2

1018_242

1018_290_2

1018_293_2

1018_339

1018_391

1018_437

1018_480

1018_495

1018_521

1018_77

1018_92

1018_99

1018_473

1018_538

1018_527

1018_544

1018_163

1018_173

1018_356

1018_358

2014年9月26日 (金)

JA全農WCBF少年野球教室(小松教室)

Photo_2

平成26年度4回目の教室が9月20日、石川県の小松ドームで開催しました。baseball

今回の野球教室には、WCBF王貞治理事長をはじめとする元プロ野球選手が講師を務めるとあって、小学生やその指導者など約283名が参加し、王貞治理事長、石川県本部末政副本部長の挨拶で教室はスタートしました。smilesun

バッティング指導では王理事長が自ら指導し、各講師が走塁指導やポジション別に守備指導を行うなど生徒をはじめ指導者も目を輝かせていました。diamondまた、指導者向けに選手のケガを予防するトレーニング講義やプレーをするための体づくりとして栄養学教室を保護者向けに行いました。happy01good

 これからもJA全農は、本教室を通じて健康で元気な野球少年を育て、子供たちの夢や成長を応援していきます。scissors

119

105

28

56

111

237_7

206

303

352

408

439

569

262

272

682

755

736

739

530

711